2019年6月11日(火)

水戸4発逆転 首位再浮上 J2

【AD】

明治安田J2第17節最終日(9日・ケーズデンキスタジアム水戸ほか=4試合)水戸は福岡に4-2で逆転勝ちし、2試合ぶりの白星を飾った。通算成績9勝6分け2敗、勝ち点33で首位に再浮上した。逆転勝利は今季2度目、1試合4得点は昨年7月29日の第26節愛媛戦以来。

水戸は前半10分に早々と失点したが、同15分に浅野、同45分に村田が得点して逆転。後半も茂木と浅野が得点を重ねた。

▽Ksスタ(観衆5,074人)
水戸 9勝2敗6分け(33) 4-2 福岡 4勝9敗4分け(16)
2-1
2-1

■水戸・長谷部監督 スタイル出せた
自分たちのスタイル、やり方、できることを100パーセント出せたことが勝利につながった。それをホームで見せられたのは意義がある。

■水戸・白井 ハードワークできた
(前線からのプレスという)チームとしてやるべきことができて、ハードワークしたのが結果につながった。(前が出場停止だったが)平野とお互いにコミュニケーションを取りながらできた。

■水戸・黒川 相手のリズム崩した
(失点後)前線からしっかりプレスをかけていたので相手はリズムが崩れたと思う。また、きょうはみんなシュートの意識が強く、思い切りが良かった。

■水戸・岸田 怖さはなかった
(負傷明けだが)練習で普通にやれていたので怖さはなかった。(2点目の起点となったが)もう少しゴールに直結するプレーをしたかった。



次の記事:茨城ダッシュやめよう 急発進右折、違法も

全国・世界のニュース

2019 年
 6 月 19 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス