2019年6月26日(水)

ACL決勝T1回戦第2戦 鹿島連続8強入り

広島-鹿島 後半44分、ゴールを決め喜ぶ鹿島・土居(中央)=エディオンスタジアム広島、菊地克仁撮影
広島-鹿島 後半44分、ゴールを決め喜ぶ鹿島・土居(中央)=エディオンスタジアム広島、菊地克仁撮影

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で2連覇を狙う鹿島は25日、決勝トーナメント1回戦第2戦で広島と敵地で対戦し、2-3で敗れて2戦合計3-3となったが、アウェーゴールの差で2年連続8強入りを決めた。

鹿島は前半33分、土居が先制ゴールを挙げた。後半21、27分に失点し逆転されたが、同44分に再び土居がゴールを挙げ、同点に追い付いた。終了間際に失点して黒星になったものの、第1戦でアウェーゴールを許さなかった優位性を保ち、日本勢対決を制した。 準々決勝は第1戦が8月26〜28日、第2戦が9月16〜18日に行われる。

■鹿島・大岩監督

次のラウンドに進めることが評価できる部分。しっかりこの試合の改善すべきところを洗い出して次の広島戦、準々決勝に切り替えていきたい。

■鹿島・土居

ワンチャンスを決められればもっとチームを助けられる。磨きを掛けて助けられる試合を増やしたい。

【決勝トーナメント】
▽1回戦第2戦
広島 3-2 鹿島
0-1
3-1
※2戦合計3-3、アウェーゴール数で上回る鹿島が準々決勝進出

▽得点者
【広】パトリック(後21、後50分=PK)佐々木(後27分)
【鹿】土居(前33分、後44分)



次の記事:茨城県迷惑防止条例 盗撮規制拡大へ 

全国・世界のニュース

2019 年
 12 月 6 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス