2019年7月8日(月)

郵便局長が出前授業 手紙の書き方伝える 石岡の2小学校

手紙の書き方を学ぶ児童たち=石岡市南台の市立南小
手紙の書き方を学ぶ児童たち=石岡市南台の市立南小

石岡市の小学校2校で、同市内の郵便局長が手紙の書き方を教える出前授業が行われた。ネット社会でメールやLINEが主流となる中、手書きの手紙、はがきを送る大切さや良さを伝えた。

授業は日本郵便が全国の小中学校で実施しているもので、同市南台4丁目の市立南小(玉田正史校長)では2日、4年生2クラス72人が、暑中見舞いはがきの書き方を教わった。

講師となった八郷郵便局(同市柿岡)の諏訪昌彦局長は「楽しい夏のお便りを送ろう」と話し、「送ってうれしい。返ってきたらもっとうれしい」と児童と問答しながら授業を進めた。

子どもたちははがきに宛名を書く位置や数字は漢字で書くことなど教わった。本多那名さん(9)は「分かりやすかった。おじいちゃんに『もっと長生きして』と手紙を書きたい」と話し、北爪佑季君(9)も「絵も書いて楽しい手紙にしたい」と目を輝かせた。

また、同市小見の市立恋瀬小(磯前利行校長)でも5日、同授業が行われ、3、4年生と5、6年生が2クラスに分かれて、手紙の書き方を教わった。

諏訪局長は、高学年向けには、SNS(会員制交流サイト)などネット上の文字で伝える言葉と手書きの文字で手紙など送ることを比べ「手書きの方がより気持ちが込められる」と、相手が受ける印象の違いを力説した。(高畠和弘)



次の記事:事務所兼倉庫が全焼 神栖

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 20 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス