2019年7月8日(月)

障スポの観覧者にガルパンファイル 茨城県、SNS投稿条件

配布予定のガールズ&パンツァーの大会限定クリアファイル(県提供)
配布予定のガールズ&パンツァーの大会限定クリアファイル(県提供)

今秋開催される全国障害者スポーツ大会「いきいき茨城ゆめ大会」の観覧者を増やそうと茨城県は、大洗町を舞台にした人気アニメ「ガールズ&パンツァー」(ガルパン)と連携した企画を実施する。競技場を訪れ、会員制交流サイト(SNS)に感想を投稿した観覧者に、ガルパンのキャラクターオリジナルクリアファイルを贈る。

クリアファイルは、スポーツするガルパンのキャラクターと県産食材を味わうキャラクターが描かれているもの。

グッズ配布は全競技が開催される10月13日を予定し、競技会場に来場し、応援する内容をSNSに投稿した観覧者が対象。各会場先着順で100〜300枚程度となる。詳細は、9月中旬に茨城国体・全国障害者スポーツ大会のホームページで告知する。

県障害者スポーツ大会課によると、同大会の観覧者は、選手の家族や関係者がほとんどで、多くの人に来場してもらおうと企画した。同課は「関係者以外にも観覧してもらい、障害者スポーツに興味を持つきっかけにしてほしい」と話す。

連携企画について県がSNSのツイッターで告知したところ、8日間ほどでリツイート(転載)数が2千件を超えるなど、既に反響があるという。フォロワーが気に入ったことを示す「いいね!」も3千件を超え、「応援します」「大会参加される方は頑張って」などのコメントも寄せられている。



次の記事:土浦市初の女性市長 現職の5選を阻む

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 14 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス