2019年7月9日(火)

第101回全国高校野球茨城大会 日立工、最大7点差ひっくり返す 1回戦10試合

【AD】

第101回全国高校野球選手権茨城大会第3日は8日、ノーブルホーム水戸など5球場で1回戦計10試合を行った。

日立工は最大7点差の試合をひっくり返し、14-8で岩瀬日大に逆転勝ち。土浦一は太田一に3-2で逆転勝ちした。牛久栄進は7-2で高萩清松に快勝し、土浦二は那珂湊を9-4で退けた。

第4日は9日、同球場など3球場で1回戦残り6試合を行う。

▽1回戦
土浦二 9-4 那珂湊
江戸川学園 8-0 大子清流
牛久栄進 7-2 高萩清松
小瀬 11-2 鹿島
日立工 14-8 岩瀬日大
取手一 16-2 三和
科技日立 29-0 常陸大宮
守谷 10-0 3校連合
土浦一 3-2 太田一
取手二 11-1 勝田



次の記事:事務所兼倉庫が全焼 神栖

全国・世界のニュース

2019 年
 7 月 20 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス