2019年7月12日(金)

第101回全国高校野球茨城大会 総和工、勝田工下す シード藤代、常総 快勝発進

【AD】

第101回全国高校野球選手権茨城大会第5日は11日、ノーブルホーム水戸など6球場で2回戦12試合を行った。

麻生は4-1で水戸工に競り勝ち、総和工は4-0で勝田工を下した。茨城は4-0で八千代を完封。つくば国際は3-2で磯原郷英を退け、4校連合(石下紫峰・岩瀬・岩井・坂東総合)は合同チームとして初の3回戦進出を決めた。Aシードの藤代、常総学院、水戸商、鹿島学園は順当に勝ち上がった。

第6日は12日、同球場など6球場で2回戦12試合を行う。

▽2回戦
藤代 9-0 江戸崎総合
麻生 4-1 水戸工
水戸桜ノ牧 11-1 常北・竜南
鹿島学園 3-0 鉾田二
つくば国際 3-2 磯原郷英
4校連合 8-5 古河二
常総学院 8-0 鬼怒商
日立商 5-1 藤代紫水
茨城 4-0 八千代
水戸商 8-1 古河一
総和工 4-0 勝田工
取手松陽 7-0 結城一



次の記事:那珂川沿岸、沈む家屋 住民絶句

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 15 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス