2019年7月13日(土)

第101回全国高校野球茨城大会 常磐大高、延長サヨナラ

【AD】

第101回全国高校野球選手権茨城大会第6日は12日、ノーブルホーム水戸など6球場で2回戦12試合を行った。

常磐大高は延長十二回に及ぶ接戦の末、下館一に4-3でサヨナラ勝ち。取手二も日立一との延長十二回の接戦を4-2で制した。下妻二は取手一に6-5でサヨナラ勝ちし、竜ケ崎一は土浦一を2-0で完封した。

第7日は13日、同球場など4球場で2回戦残り8試合を行う。

▽2回戦
霞ケ浦 3-1 土浦三
石岡一 5-0 土浦湖北
水戸啓明 5-1 土浦二
波崎柳川 10-0 牛久栄進
水城 10-0 小瀬
日立工 4-3 古河三
東洋大牛久 6-0 多賀
常磐大高 4-3 下館一
下妻二 6-5 取手一
守谷 7-2 下館工
竜ケ崎一 2-0 土浦一
取手二 4-2 日立一



次の記事:那珂川沿岸、沈む家屋 住民絶句

最近の記事

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 19 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス