2019年7月13日(土)

ズッキーニ/根本悦子さんのレシピ

加熱して口当たり良く

夏野菜の中でも最近ポピュラーなのがズッキーニです。フランス料理やイタリア料理によく使われますが、店頭にもリーズナブルな価格で並ぶようになりました。国内生産量も消費量も伸びています。形はキュウリのようですが、カボチャの仲間で、加熱により口当たりが良くなり、カロリーが低いのも魅力です。

多く含まれるカリウムは利尿効果が高いため、熱中症予防や高血圧予防、むくみ解消も期待できます。油との相性も良く、炒めることでカロテンの吸収力がアップし、免疫力を高めてくれます。これからの季節は夏バテ予防やダイエット、生活習慣病予防にお薦めです。

ズッキーニとフィットチーネのクリームソース
■ズッキーニとフィットチーネのクリームソース
【材料】(4人分)
ズッキーニ1本、玉ネギ100グラム、かにかま100グラム、オリーブ油大2、フィットチーネパスタ320グラム、塩小1、こしょう少々、スープ1/2カップ、生クリーム1カップ、レモン(スライス)1個、サクランボ適量

【作り方】
(1)ズッキーニはスライサーで薄く切る。
(2)玉ネギはスライスする。
(3)かにかまはほぐす。
(4)フィットチーネパスタはゆでる。ズッキーニもさっとゆでる。
(5)鍋にオリーブ油を入れ、(1)、(2)を炒め、スープ、調味料、かにかまを加える。
(6)ゆでたパスタ、ズッキーニを加え、生クリームを入れて味を整える。
(7)レモンとさくらんぼを添える。

つくね団子のシソ風味
■つくね団子のシソ風味
【材料】(4人分)
{鶏ひき肉300グラム、卵1/2個、塩小1/2、こしょう少々、片栗粉大1、青シソ4枚}、竹串、油適量、たれ{酒大2、砂糖大2、しょうゆ大1、片栗粉小1/2、水小1}、盛り付け用青シソ4枚

【作り方】
(1)ボウルに鶏ひき肉、卵、調味料を入れて混ぜる。刻んだ青シソを加え、団子にして竹串に刺す。
(2)フライパンで両面を焼く。(グリルでもよい)
(3)たれを作り、つくね団子にかける。

最近の記事

全国・世界のニュース

2020 年
 2 月 19 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス