2019年7月20日(土)

京都アニメ会社放火 青葉容疑者 常総でたびたび騒動 集合住宅、異様な室内

【AD】

アニメ制作会社「京都アニメーション」の放火事件で、京都府警が身柄を確保した青葉真司容疑者が2010年ごろから、コンビニ強盗事件を起こすまでの約2年間、常総市鴻野山の集合住宅に住んでいたことが19日、関係者への取材で分かった。当時も近隣住民との間でたびたび騒音トラブルを起こしていたという。

同住宅の管理人の男性(70)によると、青葉容疑者は独身で、ハローワークの紹介で入居したという。12年6月に強盗事件を起こして境署に逮捕されるまで、1階に住んでいた。定職に就いていたかは不明で、3万9千円の家賃を払うことは、ほぼなかったとみられる。

騒音トラブルは逮捕前の2カ月間で数回あった。音楽を大音量で流し、壁を何度もたたき、1人で大騒ぎ。深夜0時すぎに目覚まし時計を鳴らし、近隣住民とトラブルにもなっていた。

男性は強盗事件後、警察の立ち会いで室内を確認。そこで、異様な光景を目の当たりにしたという。

「部屋の壁が2カ所、ハンマーで壊され、ベランダ側のガラスも割られていた。室内は物が散乱し、臭いもひどい。(青葉容疑者の物と思われる)ノートパソコンはめちゃくちゃに破壊されていた」と振り返る。

男性は「昼間は室内にこもり、夜型の生活を送っていたのかもしれない」と語った。

青葉容疑者はガス料金もたびたび滞納。元栓を閉められては、開栓のためにガス会社を訪れ、未納料金を支払うことを繰り返していた。同社によると、いつも自転車に乗って来たといい、男性社員(37)は「口数が少なく、おとなしい感じ」と当時の印象を語った。

コンビニ強盗事件は同年6月20日午前0時ごろ、坂東市弓田のコンビニ店で発生。青葉容疑者が男性店員に包丁を突き付け、「金を出せ」と脅して現金2万1千円を奪って逃げた。ただ同11時ごろ、青葉容疑者が自ら境署に出頭したため、事件は半日で解決した。同署に「オウム事件の高橋容疑者のように自分も逃げられない」と話したという。

事件の5日前には、地下鉄サリン事件で17年間逃走していたオウム真理教元信者、高橋克也受刑者=無期懲役=が逮捕されていた。

■幼い頃知る関係者絶句

青葉真司容疑者を知る関係者は、放火事件に関わっていたことを知ると、「えっ」と言葉を失った。

関係者によると、青葉容疑者は幼い頃、両親と県西地域の住宅に住んでいた。その後、両親が離婚した際に青葉容疑者は転居したという。住宅には現在、母親が住んでいるが、再婚して別姓のため、周辺住民はその事実を知らない。

青葉容疑者は3人きょうだいの真ん中。転居以来、母親の家には戻っていないという。

関係者は驚いた表情を終始浮かべながら「幼い頃しか知らない」とだけ話した。

◇おことわり 京都アニメーションのスタジオ放火事件で、京都府警が氏名を発表した男は逮捕されていませんが、事件の重大性に加え、けががなければ現行犯逮捕される事件であることを考慮し、実名で容疑者呼称とします。



次の記事:常磐道あおり傷害事件 取手署に移送

最近の記事

全国・世界のニュース

2019 年
 8 月 20 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス