2019年7月26日(金)

勇壮、大みこし 下館祇園まつり開幕 筑西

下館祇園まつりの初日、本城町に繰り出した明治みこし=25日午後6時50分ごろ、筑西市甲
下館祇園まつりの初日、本城町に繰り出した明治みこし=25日午後6時50分ごろ、筑西市甲

勇壮なみこしの競演で知られる「下館祇園まつり」が25日夕、筑西市の羽黒神社周辺や駅前通りなどを会場に開幕。大みこしが「オイッサー、オイッサー」という威勢の良い掛け声で練り歩き、迫力ある姿で集まった観光客を魅了した。28日まで。

初日は、明治時代に造られた明治みこし(約1トン)と女性だけで担ぐ女子みこしが同神社から繰り出し、大町や本城町などを練り歩いた。さらに、実際に担がれるみこしとして日本最大級とされる平成みこし(約2トン)も、稲荷町などで勇姿を見せた。

須藤茂市長は「観客20万人以上を集めるという筑西を代表するまつり。地域が一層盛り上がれば」と思い入れを話した。

26、27日は市内各町内の子どもみこし約30基が集結する「連合渡御」。27日の「わっしょいカーニバル」は子どもみこしに、市内外の大人のみこしや山車(だし)が加わる。みこしについた汚れを川に流し清める神事「川渡御」は、28日午前6時から羽黒神社-勤行川大橋下流で行われる。(冨岡良一)



次の記事:水戸の京成百貨店 和洋菓子5店が開店

全国・世界のニュース

2019 年
 9 月 18 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス