2019年7月27日(土)

茨ひより1周年トーク 県庁で実施へ

8月9日 パネル展示やグッズ販売 県公認Vチューバー

いばきらTVに出演する茨ひより
いばきらTVに出演する茨ひより

茨城県公認のバーチャルYouTuber(Vチューバー)の「茨ひより」について、県は26日、活動1周年を記念したイベントを8月9日に県庁で開催すると発表した。茨ひよりによるトークショーや活動を振り返るパネル展示、限定グッズの販売を行い、国内初の自治体公認Vチューバーの魅力を発信する。

茨ひよりは2018年8月、県バーチャル広報課Vチューバーチームに着任。県のインターネット動画サイト「いばきらTV」の公式アナウンサーを務める。茨ひより登場後、いばきらTVのチャンネル登録者数は急増した。約3万8千人増え、約11万4千人が登録している。

18年度にはテレビや新聞など計95件のメディアに取り上げられ、広告費に換算した効果は約2億4千万円だった。公式ツイッターのフォロワー数は約1万8900人に上る。

6月につくば市で開かれた20カ国・地域(G20)貿易・デジタル経済大臣会合では、地主催の歓迎レセプションで本県を紹介する動画に登場した。頭に乗せたキャラクター「あんこうちゃん」が英語で対応する姿を初めて披露した。

記念イベントのトークショーでは、過去の活動を振り返るとともに、ファンから寄せられたイラストなどを紹介する。限定グッズはマグカップや名刺ケースなどをそろえる。

定例記者会見で大井川和彦知事は「若い層の茨城に対する興味を引き寄せている」と評した。今後はインバウンド(訪日外国人客)の獲得に向け、茨ひよりの多言語展開を本格化したい考えだ。近く台湾のVチューバーとの共演を予定しているという。(小野寺晋平)



次の記事:土浦市初の女性市長 現職の5選を阻む

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 14 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス