2019年7月30日(火)

鹿嶋 ヒマワリ見頃 迷路でかくれんぼ

ひまわり迷路を子どもが駆け回った=鹿嶋市宮中
ひまわり迷路を子どもが駆け回った=鹿嶋市宮中

鹿嶋市宮中の住宅地の一角に「ひまわり迷路」が出現し、夏休みを迎えた子どもたちの人気を集めている。広さ約2千平方メートルの迷路には約1万本のヒマワリが植えられており、見頃は今月末まで。

NPO法人かしま遊休地活用クラブ(村田浩伸理事長)が手掛けた迷路は、耕作放棄地を有効活用する取り組み。訪れた子どもたちは、背丈ほどあるヒマワリに囲まれた道を楽しげに駆け回った。畑を見渡せる高見台や写真スポットもある。

1歳と4歳の子どもと遊びに来ていた主婦(38)は「いっぱい並んでいてかわいい。子どもたちはかくれんぼができて楽しかったみたい」と笑顔で話した。



次の記事:那珂川沿岸、沈む家屋 住民絶句

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 22 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス