2019年8月5日(月)

茨城国体eスポーツ 地区予選下妻会場

「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」地区予選の下妻会場。熱戦が繰り広げられた=下妻市下妻丁
「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」地区予選の下妻会場。熱戦が繰り広げられた=下妻市下妻丁

茨城国体の文化プログラムの一環で開かれる「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」(10月4〜6日)への出場を目指す下妻会場の地区予選が4日、下妻市のWaiwaiドームしもつまで、オープンの部に4チームが参加し、熱戦を繰り広げた。
eスポーツはコンピューターゲームのサッカーゲーム「ウイニングイレブン2019」を、1チーム3人の団体戦、トーナメントで競う。友人同士で出場したORBISが優勝し県代表決定戦(17日)に進出した。
200インチの大型ビジョンにプレーが映し出され、ゴールや妙技に歓声が上がった。優勝した会社員、氏家颯汰さん(25)は「優勝しか見てなかった」と笑顔。運営の下妻e-sports実行委員会の内山学委員長(43)は「見ている人も楽しんでもらえた」と満足げだった。



次の記事:土浦市初の女性市長 現職の5選を阻む

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 17 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス