2019年8月6日(火)

水戸市、茨城大と連携 政策立案 データ活用

質向上、経費減へ

【AD】

水戸市は茨城大と連携し、統計データや行動科学の視点を重視した政策立案に乗り出す。国がデータなどから得た正しい根拠に基づき政策を作る「EBPM」を推進する中、これまで職員の経験や勘に頼る部分が多かった政策立案を改め、裏付けのあるデータ…


  • 記事全文1431文字(あと1201文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 19 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス