2019年8月9日(金)

若さみなぎる演奏 ひたちなかティーンズロック 全国から11組

演奏する本県出身のペンティ=ひたちなか市馬渡
演奏する本県出身のペンティ=ひたちなか市馬渡

「全国高校生アマチュアバンド選手権ティーンズロックinひたちなか2019」(ひたちなか青年会議所主催)が8日、ひたちなか市馬渡の国営ひたち海浜公園であり、本県の「Paaaanty(ペンティ)」など11組が出場し、若さみなぎる演奏を見せた。

「バンドの甲子園」を掲げて今回で15回目。昨年は悪天候で中止になり、2年ぶりの開催となった。

全国から46組の応募があり、動画や楽曲審査などを経て6組が進出、さらに愛知県と山形県で開かれた大会の最優秀賞バンド2組も加わった。また、過去にティーンズロックに出た3組もゲスト出演した。11組は、開催期間中の「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」のステージに立ち、演奏した。

本県からは県立水戸農業高校軽音楽部の3年生4人によるガールズバンド「ペンティ」が出て、オリジナルの2曲を披露した。リーダーの友利希亜(のあ)さん(18)は「大きいステージでたくさんの人に聞いてもらえたのがうれしかった」と話した。

最優秀賞を獲得したのは東京都出身の「Owl(アウル)」、優秀賞は大阪府出身の「屋台利用券X」。2組はロック・イン・ジャパン・フェスティバルに出演でき、アウルは11日、屋台利用券Xは10日に登場する。(斉藤明成)



次の記事:茨城県迷惑防止条例 盗撮規制拡大へ 

全国・世界のニュース

2019 年
 12 月 8 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス