2019年8月9日(金)

涼求め、かき氷 大子38・4度 県内猛暑続く

焼き菓子カフェ「こなのか」で夏季限定のかき氷を注文する常連客(右)=取手市白山
焼き菓子カフェ「こなのか」で夏季限定のかき氷を注文する常連客(右)=取手市白山

県内は8日、各地で気温が上昇し、大子町で38・4度を記録。水戸地方気象台によると、同町の最高気温は7日の38・3度から0・1度高くなり、観測史上最も暑くなった。

このほか5観測地点で今年最高を更新。古河市37・5度▽笠間市36・9度▽常陸大宮市36・7度▽筑西市(下館)36・6度▽鉾田市36・4度-となった。

取手市も8日、最高気温35・3度(正午、市消防本部調べ)の猛暑日となった。同市白山の焼き菓子カフェ「こなのか」には、道行く人が暑さから逃れるように同店を訪れ、夏季限定メニューのかき氷を求めていた。

常連客の同市中原町、塩尻修さん(78)はいちごミルク味をぺろりと平らげ、「外は暑いが、これ1杯で一気に生き返る」と笑顔だった。(高阿田総司)



次の記事:土浦市初の女性市長 現職の5選を阻む

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 12 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス