2019年8月10日(土)

空芯菜/根本悦子さんのレシピ

抗酸化作用で老化防止

空芯菜(くうしんさい)は茎の中が空洞でシャキシャキとした食感、葉は少しヌメリがあるのが特徴です。中国をはじめ、タイやフィリピンといった東南アジアなどの地域に自生し、国内では沖縄や九州など暖かい地方を中心に栽培されていますが、そのおいしさや栄養価の高さから、近年は各地でハウスなどでの栽培が増えています。家庭菜園としても人気の野菜の一つです。旬は7月から9月ごろまでの暑い夏。抗酸化作用を持つβカロテン、ビタミンCが豊富なため、活性酸素を減らし老化の防止(アンチエイジング)につながります。その他、鉄分や葉酸を多く含みますので、貧血、妊娠中の方にはお薦めです。

空芯菜とモヤシのニンニク炒め
■空芯菜とモヤシのニンニク炒め
【材料】(4人分)
空芯菜1束、モヤシ1袋、ニンニク2かけ、{豚バラ肉200グラム、塩少々、こしょう少々}、ごま油大1、塩少々、しょうゆ小1、オイスターソース大1、砂糖小1、糸トウガラシ適量

【作り方】
(1)空芯菜は4センチ長さに切る。
(2)ニンニクは薄切りする。
(3)豚バラ肉は2センチに切り、塩、こしょうをする。
(4)フライパンにごま油を入れ、ニンニク、(3)を炒め、モヤシ、空芯菜をよく炒め、調味する。
(5)器に盛り付け、糸トウガラシを添える。

薬膳トウガン冷やし汁
■薬膳トウガン冷やし汁
【材料】(4人分)
トウガン300グラム、{鶏手羽先8本、酒大1、しょうゆ大1}、ショウガ薄切り4枚、ごま油大1、{だし汁3カップ、砂糖大1、しょうゆ大2}、オクラ(ゆでたもの)4本、クコの実適量

【作り方】
(1)トウガンは皮をむき、3センチ角に切る。
(2)ボウルに鶏手羽先、調味料を入れ下味をつける。フライパンに油を入れ、手羽先の表面を焼く。
(3)鍋に油を入れ、ショウガ、トウガンをさっと炒め、だし汁、(2)、調味料を加えて約10分煮る。その後氷水で冷やし、冷やし汁とする。
(4)器に盛り付け、ゆでたオクラ、クコの実を添える。
温めて召し上がってもよろしいでしょう。

全国・世界のニュース

2020 年
 10 月 29 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス