2019年8月11日(日)

J2水戸、耐えてドロー 横浜FCと0-0 暫定5位

【AD】

明治安田J2第27節第1日(10日・ニッパツ三ツ沢球技場ほか=8試合)水戸は横浜FCと0-0で引き分けた。通算成績11勝12分け4敗、勝ち点45。順位は暫定ながら5位のまま。

水戸はボールを長く握られピンチを招きながらも、粘り強くゴールを死守した。後半はシンプルなロングボールから何度か好機をつくったが、得点はできなかった。

首位の柏は山口を4-1で下して9連勝し、勝ち点55とした。

2位京都は2点差を追い付いて栃木と2-2で引き分けたが、勝ち点差は4に広がった。大宮は岡山に1-0で勝った。

■水戸・長谷部監督 ぎりぎりで防ぐ

ぎりぎりのところで防いだというのもあった。選手たちはよくやってくれた。しっかり守備をして我慢をしながら攻撃を狙っていた。

■水戸・小川 (後半に決定機があったが)ああいうところで決めるのが重要。試合を決定づけられる選手ではなかった。申し訳ない気持ちがある。

▽ニッパツ(観衆10,586人)
横浜C 13勝8敗6分け(45) 0-0 水戸 11勝4敗12分け(45)
0-0
0-0



次の記事:茨城県迷惑防止条例 盗撮規制拡大へ 

全国・世界のニュース

2019 年
 12 月 7 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス