2019年8月18日(日)

’19茨城国体・いきいきゆめ舞台
前回けがで出場逃した山田甲一さん

時を超え夢再び ボランティアに全力

【AD】

1974年の茨城国体。新体操の選手だった那珂市の山田甲一さん(62)は本番直前のけがで、ずっと目標としていた夢舞台の出場を逃した。あれから45年がたった。悔しい記憶は鮮明に覚えているが、今はいい思い出だ。2度目の国体は市の国体ボランティアの…


  • 記事全文(987文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 9 月 17 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス