2019年8月21日(水)

東海・阿漕ケ浦公園 サツマイモ風、遊具一新

サツマイモをデザインした児童用遊具=東海村村松
サツマイモをデザインした児童用遊具=東海村村松

東海村は、阿漕ケ浦公園遊具広場(同村村松)の遊具を一新した。村特産のサツマイモをイメージした児童用と幼児用の2種類が新設された。

茨城国体でホッケーの会場となる同公園のリニューアルの一環で、老朽化した遊具の更新も兼ねた。新設された遊具は高さ約3・6メートル、長さ約14メートルなど複数の滑り台を組み合わせた児童用(6〜12歳対象)と幼児用(3〜6歳対象)。児童用は村特産のサツマイモのデザインになっている。

また、広場には多目的トイレや授乳室などを備えた休憩施設も造った。休憩施設の利用時間は午前9時〜午後4時半。月曜日、年末年始は休館。



次の記事:鉾田市職員2人が感染

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 14 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス