2019年8月22日(木)

カシマスタジアム 女性トイレ快適に改装 試合映像モニターも

リニューアルしたカシマサッカースタジアムの女性用トイレ=鹿嶋市神向寺
リニューアルしたカシマサッカースタジアムの女性用トイレ=鹿嶋市神向寺

サッカーJ1鹿島アントラーズFCは住宅設備大手LIXIL(リクシル)と共同で、鹿嶋市神向寺の県立カシマサッカースタジアム内メインスタンド側女性用トイレの一つをリニューアルした。23日のJ1第24節G大阪戦から供用開始する。

トイレ個室はアントラーズをイメージした赤と紺の配色。ハーフタイムなどで混雑を招いていた動線を整理し、洗面スペースには5カ所の化粧コーナーを追加した。待ち時間に試合映像を確認できるモニターを設置。スムーズな利用を促しつつ、リフレッシュする場を目指した。おむつ替えのスペースは独立させ、男女問わず利用できるようになった。

鹿島の観客は約45%が女性。試合観戦の満足度を高める効果が期待され、設計に携わったLIXILの二瓶伸夫さんは「スタジアムのトイレを快適にすることをコンセプトとした。女性ファンが増える効果を狙える」と話した。

同スタジアムは2020年東京五輪でサッカー競技会場となる。他のトイレをリニューアルする予定はないが、149ある和式トイレは全て本年度中に洋式化する。(岡田恭平)



次の記事:那珂川沿岸、沈む家屋 住民絶句

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 18 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス