2019年8月29日(木)

パーク&ライド実証 県サッカー協会、9月5日代表戦 五輪の観客輸送想定

【AD】

茨城県サッカー協会は28日、カシマスタジアムで来月5日に開催されるキリンチャレンジカップ・日本代表-パラグアイ代表戦で、マイカーで訪れる観客向けに「パークアンドバスライド」を実施すると発表した。鉾田、潮来両市内に各1カ所の計2カ所、無料の臨時駐車場を設け会場までの無料シャトルバスを運行する。

周辺の交通渋滞を避けるのが目的で、サッカー競技会場となっている2020年東京五輪での観客輸送を想定した実証テストも兼ねる。

臨時駐車場は、水戸方面からの観客向けに鉾田市大竹の大竹海岸駐車場(千台収容)を、東京方面からは潮来市前川の前川運動公園駐車場(800台収容)をそれぞれ用意。いずれも駐車無料で、午後1時に開場し、同1時半から約15〜5分間隔で会場近くまで無料バスを運行する。

臨時駐車場から会場までの所要時間は30〜40分程度。試合終了後、会場から臨時駐車場行きのバスは午後9時20分から随時運行する。

利用特典として両駐車場で先着1800組に日本代表ミニペナント(非売品)を配布する。 (戸島大樹)



次の記事:那珂川沿岸、沈む家屋 住民絶句

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 22 日 (火)

メニュー
投稿・読者参加
サービス