2019年8月31日(土)

かすみがうら女性見落とし 「元に戻し探さず」 市消防本部が最終報告

【AD】

かすみがうら市で25日未明に起きた交通死亡事故で、駆け付けた救急隊員が大破した車の助手席にいた女性を見落とし、救急搬送が5時間以上遅れた問題で、市消防本部の雨貝忠消防長らが30日、記者会見を開き、要因を「横転した車を元に戻して探さなかったこと」とする最終報告書の内容を説明し、改めて謝罪した。

同本部は27日、現場に駆け付けた隊員を含め職員58人で検討委員会を開催。隊員から聞き取りした結果、横転した車の内外を投光器を使って探したが、発見できず捜索を終了したという。同本部は「横転した車を元に戻してさらに捜していれば見つかった可能性はある」と結論付けた。

同本部は今後、細かな検証結果を市に報告する。再発防止策として対応マニュアルを作成し訓練を進める。雨貝消防長は「亡くなった方、ご遺族におわびする。再教育の徹底を図る」と話した。



次の記事:土浦市初の女性市長 現職の5選を阻む

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 14 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス