2019年9月4日(水)

鹿島神宮 秋の祭典 静と動、参拝客魅了

厳かな雰囲気の中で行われた例祭
厳かな雰囲気の中で行われた例祭

鹿嶋市宮中の鹿島神宮で1、2の両日、秋の祭典が行われた。境内では同神宮で最も重要な例祭や祭神・武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)が町内に出御(しゅつぎょ)する神幸(じんこう)祭などが厳かに執り行われた。

門前町は提灯(ちょうちん)を飾った大きな青竹を奉納する「提灯まち」や、お囃子(はやし)の調べに乗って大型の山車が巡行してにぎわった。

「静」と「動」の祭典は、集まった多くの参拝客らを魅了した。(藤崎徹、松浦かえで)

門前町を提灯で埋め尽くした「提灯まち」
門前町を提灯で埋め尽くした「提灯まち」


次の記事:那珂川沿岸、沈む家屋 住民絶句

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 18 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス