2019年9月13日(金)

《茨城国体》アーティスティックスイミング 佐藤・大山組7位

体操 少年男子が決勝進出

〈アーティスティックスイミング少年女子デュエット〉フリールーティンで力強い演技を披露する佐藤友花(右、並木中教校)・大山結子(土浦日大高)組=ひたちなか市山新スイミングアリーナ、吉田雅宏撮影
〈アーティスティックスイミング少年女子デュエット〉フリールーティンで力強い演技を披露する佐藤友花(右、並木中教校)・大山結子(土浦日大高)組=ひたちなか市山新スイミングアリーナ、吉田雅宏撮影

第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」の会期前競技第4日は12日、各地でアーティスティックスイミング(AS)少年女子デュエットと体操が行われた。ASの佐藤友花(並木中教校)・大山結子(土浦日大高)組はテクニカルルーティンが76・8183点で7位、フリールーティンが77・5000点で7位となり、計154・3183点で7位入賞を果たした。

体操少年男女団体の予選があり、本県選抜男子はこの日登場した17チーム中5位となり、13日の予選に出場する12チームの結果にかかわらず、決勝に進む上位18チーム入りを決めた。

第5日は13日、土浦二高で水球少年男子1回戦、大洗サンビーチ特設会場でビーチバレー少年男女予選リーグ、日立市池の川さくらアリーナで体操少年男女団体予選の残りが行われる。



次の記事:那珂川沿岸、沈む家屋 住民絶句

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 18 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス