2019年9月20日(金)

臨界事故20年・教訓 3
健診続ける医師

住民の不安に寄り添う 今も通い対話重ねる

【AD】

「この病気は臨界事故と関連があるのですか」。県内の健康診断会場の診察室。錬石和男医師(69)は、住民が語る不安を否定せず丁寧に耳を傾け、必要があれば適切な治療につながるよう助言してきた。

東海村で1999年に起きた臨界事故を受け、県は…


  • 記事全文879文字(あと649文字)
    1記事単位で2週間ご覧になれます(50円)
    または有料サイトで1ヶ月単位で御覧になれます(300円+消費税)
  • Amazonアカウントをお持ちの方
    Amazonアカウントにご登録のクレジットカード情報を利用して、簡単にご覧になれます。
  • 携帯課金版(Newsmart)
  • 振込課金版

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 14 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス