2019年9月23日(月)

ピンクリボンウオーク 最優秀賞に後藤さん(大成女子高) 着用Tシャツデザイン

Tシャツデザインで最優秀賞に輝いた後藤舞衣子さん(中央)とNPO法人I・M・Cの関係者=水戸市谷津町
Tシャツデザインで最優秀賞に輝いた後藤舞衣子さん(中央)とNPO法人I・M・Cの関係者=水戸市谷津町

乳がん予防を推進する「ピンクリボンウオークin千波湖」(10月6日)を前に、着用するTシャツデザインの表彰式が14日、水戸市内であり、最優秀賞に輝いた大成女子高1年の後藤舞衣子さん(15)に表彰状が授与された。650枚のTシャツが製作される。

乳がん検診啓発へ向け、親が乳がん世代である中高生を対象に、ピンクリボン運動をテーマとするデザインコンペの開催で感心を高めるのが狙い。市内の中学・高校に参加を呼び掛け、10校から32作品の応募があった。審査は東京芸術大美術学部長の日比野克彦氏が担当した。

高校の美術漫画部に所属する後藤さんは「赤ちゃんと母親、哺乳瓶をデザインに取り入れた。将来はデザイン関係の仕事がしてみたい」と喜びの声を上げた。

ウオークは午前8時45分に開会式があり、午前11時に終了する。問い合せはNPO法人I・M・C(電)070(4365)8480
(清水英彦)



次の記事:那珂川沿岸、沈む家屋 住民絶句

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 18 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス