2019年9月24日(火)

筑西市 「るるぶ」改訂版を刊行

新設の道の駅紹介

初版から2年ぶりに刊行された「るるぶ特別編集 筑西市」改訂版=筑西市役所
初版から2年ぶりに刊行された「るるぶ特別編集 筑西市」改訂版=筑西市役所

筑西市は、観光情報誌「るるぶ特別編集 筑西市」の改訂版を刊行し、市内外で無料配布を始めた。発行部数は10万部で、AB判のオールカラー32ページ。2017年春に発行された初版よりも4ページ増え、7月11日にオープンした道の駅グランテラス筑西(同市川澄)の施設紹介、ザ・ヒロサワ・シティ(同市茂田)の蒸気機関車51形などの展示、東京と結ぶ高速バスや市内循環バスなどの情報が新たに盛り込まれた。

改訂版発行は、市内の道の駅開設が大きなきっかけ。同市の魅力を発信し、観光客の誘客や定住者呼び込みにつなげる狙いがある。

改訂版では、近隣地域で親しまれている食材「モロ」(モウカザメ)の料理店2店が新しく紹介され、レンタル電動自転車の市内配置に合わせた散策路「ちゃりさんぽで下館を走ろう!」の特集もある。その他の写真類も多くが新しいものに差し替えられた。

同誌は、16年に締結した市、JTB、筑波銀行、市観光協会の「地域振興に関する協定」に基づき、JTBパブリッシングが企画制作した。市内の公共施設のほか、関東地方の各道の駅でも手に入れることができる。問い合わせは市観光振興課(電)0296(20)1160
(冨岡良一)



次の記事:土浦市初の女性市長 現職の5選を阻む

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 23 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス