2019年9月25日(水)

境、健康長寿セミナー 「葉酸で認知症予防」

医学博士・蒲原さん さしま茶飲用も推奨

葉酸の効率的な摂取方法などを紹介する蒲原聖可医学博士=境町
葉酸の効率的な摂取方法などを紹介する蒲原聖可医学博士=境町

境町中央公民館(境町)で18日、「サプリメントとウオーキングで長寿と節約」をテーマに、健康長寿セミナーが開かれた。化粧品やサプリメントなどの製造販売を手掛けるDHC(東京都港区)の特別研究顧問、蒲原聖可医学博士が講演し、65歳以上の高齢者約300人が熱心に聞き入った。

講演会は、境町が65歳以上の町民を対象に2017年から実施している「葉酸サプリプロジェクト事業」の一環。今年もDHCが商品化した境町オリジナル「さしま茶+葉酸サプリメント」を1年分無料配布するのに合わせて、サプリメントの効果的な摂取方法や葉酸の働きなどを町民に理解してもらおうと、町が企画した。

セミナーで蒲原氏は「65歳以上の方が要支援・要介護になる病気は、1位が認知症、2位が脳卒中、3位は高齢による衰弱」と解説。65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症・認知症予備軍で、「生活習慣病の改善や適切な食生活、適切な運動で、認知症や脳卒中を予防できる」と説明した。

また、緑茶の健康成分であるカテキンが、さしま茶100ミリリットル当たり66ミリグラム含まれていることを紹介。緑茶を習慣的に飲むことで、男性は脳血管疾患や呼吸器疾患、女性は心疾患と外因死の死亡率が低下する研究結果を示した。その上で「さらに効果的なのは葉酸サプリメントで、葉酸は老廃物であるホモシステインの増加を抑制し、認知症や脳卒中を予防する」と力説。葉酸は食事で摂取することも可能だが、体内での利用効率は約50%で、サプリメントで取ることで85%になるとした。

境町は「葉酸サプリプロジェクト事業」への参加者を募集しており、町保健センターは「毎年千人以上の申し込みがあり、今年も葉酸サプリで町民の健康長寿をサポートしていきたい」と話している。無料配布に関する問い合わせは同センター(電)0280(87)8000。葉酸の成分や飲み合わせなどの相談はDHC健康食品相談室(電)(0120)575368。
(小室雅一)



次の記事:土浦市初の女性市長 現職の5選を阻む

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 21 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス