2019年9月27日(金)

売却地ごみ問題 和解金支払いへ 筑西市議会、議案可決

【AD】

筑西市議会は定例会最終日の26日、本会議を開き、市売却地にごみが埋まっていたとされる問題で、土地購入者に対し損害賠償として和解金2010万8千円を支払うための議案について、賛成19、反対4の賛成多数で可決した。

同議案の討論では「売買契約書に市が瑕疵(かし)担保責任を負わない特約があった」点に論点が集中。賛成の立場からは弁護士の判断を評価した上で「(売却地のごみは)軽微な瑕疵ではない」「裁判になれば2千万円どころではない」、反対の立場からは「契約書通りに対応すれば良いのではないか。市側の解釈は理解できない」などと、それぞれの市議が主張した。



次の記事:土浦市初の女性市長 現職の5選を阻む

全国・世界のニュース

2019 年
 11 月 18 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス