2019年10月10日(木)

障スポ、競技中止相次ぐ 台風接近 開会式可否10日判断

【AD】

茨城県で12〜14日に開催予定の「第19回全国障害者スポーツ大会」(障スポ)を主催する県は9日、台風19号の接近に伴い、正式競技13競技のうち、屋内競技を含む複数の競技を中止することを決めた。選手団や来場者の安全面、健康面を考慮した。同日時点で県は中止を決めた競技名を明らかにせず、10日に発表するとしている。

12日に笠松運動公園陸上競技場(ひたちなか市)で開かれる開会式についても県は開催可否を10日に協議し、結果を同日、県のホームページなどで公表する。

開会式には秋篠宮ご夫妻も臨席される予定。荒天時は当初、県庁9階の講堂で規模を縮小して開くことになっていたが、県は一切の中止を含め検討するという。

大会要綱は「実施不可能な競技が3分の2程度に達した場合は大会を中止する」としている。10日以降、実施困難と判断された競技がさらに増えれば、大会そのものが中止になる可能性もある。

県国体・障害者スポーツ大会局には9日、各県の担当者や開会式を観覧予定の県民らから問い合わせが殺到。職員は、中止を決めた競技の関係者に連絡するなどの対応に追われた。

県によると、中止理由は、屋内競技であっても宿舎から会場までの輸送に加え、選手控所が屋外の仮設テントだったり、競技補助員の高校生が参加できない恐れがあったりするため。

大会は、陸上など個人6競技、車いすバスケットボールなど団体7競技の計13競技とオープン競技が行われる国内最大の障害者スポーツの祭典。47都道府県と20政令市から5千人を超す選手・役員の参加が見込まれていた。

当初の予定では各県選手団の本県入りは10日にピークを迎える。(戸島大樹)



次の記事:那珂川沿岸、沈む家屋 住民絶句

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 18 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス