2019年10月10日(木)

納豆レシピ チャーハン、パスタ 最優秀賞に関谷さん、杉田さん 水戸でコンクール

チャーハンの部でゴールド賞に輝いた関谷明美さん=水戸市河和田町の桜川市民センター
チャーハンの部でゴールド賞に輝いた関谷明美さん=水戸市河和田町の桜川市民センター

納豆食べ方コンテスト「日本一の納豆チャーハン、納豆パスタ決定戦」の2次審査が5日、水戸市河和田町の桜川市民センターで開かれ、1次選考通過者が創意工夫を重ねたレシピを実演した。最優秀賞のゴールド賞には、ひたちなか市の関谷明美さん(チャーハン部門)とかすみがうら市の杉田訓子さん(パスタ部門)が選ばれた。水戸商工会議所主催。

納豆の消費量日本一を目指し、おいしい食べ方を広める試み。レシピは7月10日から2カ月間募集を受け付け、県内外から35点の応募があった。審査では、おいしさだけではなく、独創性や見た目なども評価の基準となった。

「Cava!(サバ)納豆チャーハン」でゴールド賞に輝いた関谷さんは「納豆好きな父の介護中に考えたレシピ。魚をフレーク状にすることで、簡単に一口で食べられます」と話した。

「な、なっんと、納豆明太クリームパスタ〜カルボナーラ風」でゴールド賞に輝いた杉田さんは「納豆を全国の人に食べてもらいたい。自分の考案したレシピが食べられるお店ができたらうれしい」と喜びを語った。(高橋栄次)

パスタの部でゴールド賞に輝いた杉田訓子さん=水戸市河和田町の桜川市民センター
パスタの部でゴールド賞に輝いた杉田訓子さん=水戸市河和田町の桜川市民センター


次の記事:那珂川沿岸、沈む家屋 住民絶句

全国・世界のニュース

2019 年
 10 月 18 日 (金)

メニュー
投稿・読者参加
サービス