2019年10月10日(木)

停電、強風備え ランタン購入や看板外し 鹿嶋

台風19号接近に備え、ホームセンターでランタンの購入を検討する夫婦=9日午後、鹿嶋市和
台風19号接近に備え、ホームセンターでランタンの購入を検討する夫婦=9日午後、鹿嶋市和

接近する台風19号に備える動きが県内で出ている。9月の台風15号の影響で最大1万4千世帯が停電した鹿嶋市。ホームセンターでランタンを買い求める市民や、強風を警戒して不用な看板などを取り外す業者の姿が見られた。

停電の復旧が遅れた市北部のホームプラザナフコ北鹿嶋店(同市和)では、通路に山積みされたLEDランタンに買い物客が足を止めていた。

自宅が2日間停電したという同市青塚の60代女性は「前回は懐中電灯とろうそくで何とか耐えた。井戸水をくみ上げるモーターも止まり、断水したので飲料水も買っておく」と話した。

同店の森田相副店長(32)は「台風の情報が出てから照明器具、ブルーシートなどが売れている。在庫はまだ余裕がある」と話していた。

また市内では、強風に備えて不用な看板や古くなったエアコンの室外機を取り外す業者の姿も見られた。(藤崎徹)



次の記事:熱中症か、取手の女性死亡

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 15 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス