2019年10月12日(土)

台風19号 県内今夜最接近 暴風や大雨警戒

【AD】

大型で非常に強い台風19号は東海沖を北上し、12日の夕方から夜にかけて東海か関東に上陸する見通しだ。東日本の暴風や大雨は記録的なレベルに達すると予測される。

水戸地方気象台は12日朝から13日にかけ、県内の広い範囲で雷を伴った激しい雨が降り、陸上では最大風速25メートル以上の暴風となる恐れがあるとして、土砂災害や浸水のほか、河川の増水や氾濫、暴風や高波への厳重警戒を呼び掛けている。

同気象台によると、台風19号は12日夜から13日未明にかけて本県に最接近する見込み。「陸上では12日夕方から東寄りの風が非常に強く吹く。最大限に警戒してほしい」としている。

12日の1時間予想雨量は多い所で60ミリ、12日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で200ミリ。同気象台は「広範囲で雨が降るため記録的な雨量になる可能性がある。台風が通過後も河川の増水に警戒が必要」としている。

12日昼すぎから13日にかけて、海上でも猛烈な風が吹く予報で、暴風やうねりを伴った高波にも厳重な警戒を呼び掛けている。(三次豪)



次の記事:5日 10人感染 警察署員や「夜の街」関係

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 6 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス