2019年10月12日(土)

カブ/根本悦子さんのレシピ

消化助け胃腸を丈夫に

伝統野菜の一つであるカブは、胃腸を温め、冷えが原因の腹痛を抑える効果があると昔から伝えられています。

栄養面からみても、ビタミンCや消化酵素のアミラーゼなどが含まれており、胃腸を丈夫にし、消化を助けます。また、葉の部分にもカロテンや鉄分などが豊富ですので、一つの野菜で緑黄色野菜と淡色野菜を併せ持つ、大変理想的な野菜です。

全国的に栽培されていますが、特に本県産のカブは葉と根のバランスがよく、味の良いことで有名です。ぜひこの時季にいただきましょう。

カブとミートボールのスープ
■カブとミートボールのスープ
【材料】(4人分)
カブ4個、{鶏ひき肉200グラム、卵1/2個、塩小1/2、こしょう少々、片栗粉大1}、食菊1/2パック、ニンジン(型抜き)8枚、{スープ4カップ、塩小1/2、こしょう少々}

【作り方】
(1)カブは2センチのくし型に切る。葉はさっと湯がき2センチに切る。
(2)ボウルに鶏ひき肉、卵、調味料を入れて混ぜミートボールを作る。
(3)食菊はゆでて絞る。
(4)ニンジンは輪切りし型で抜く。
(5)鍋にスープを煮立て、(2)を入れる。次にカブ、ニンジンを加えて10分煮る。
(6)調味料を加え、味を調えてカブの葉、食菊を加える。

ピーナツのみそあえ
■ピーナツのみそあえ
【材料】(4人分)
いりピーナツ(落花生)100グラム、油、{みそ大2、赤みそ大2、酒大2、砂糖大6〜}、白ごま適量

【作り方】
(1)ピーナツは薄皮をむく。
(2)フライパンに少量の油を入れ、(1)を香ばしくいる。
(3)鍋に調味料を加えて煮詰め、(2)を加える。白ごまを振る。

全国・世界のニュース

2020 年
 9 月 21 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス