2019年10月14日(月)

鹿嶋市北部中心 最大9900世帯停電 断水も

【AD】

台風19号で鹿嶋市は、風雨が強まった12日午後から停電が発生した。東京電力によると、市北部を中心に最大で9900世帯(13日午前11時現在)が停電した。

市によると、市内9カ所に開設した避難所には、12日午後8時時点で721人が避難。13日午前8時に避難者がゼロになり、全ての避難所を閉鎖した。停電が続いたため、市まちづくり市民センター(同市宮中)と大野ふれあいセンター(同市津賀)の2カ所は自主避難所に設定した。停電で断水した世帯もあり、両センターと各地区の公民館で生活用水と飲料水を提供した。

大野ふれあいセンターに生活用水を受け取りに訪れた同市津賀の女性(71)は「(9月上旬の)台風15号の時も2日間停電して水が使えなかった。この地域はいつも最後まで電気がつかない」と話した。



次の記事:熱中症か、取手の女性死亡

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 15 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス