2019年10月14日(月)

台風19号 払込6カ月延長 特別取り扱いに 生保協、県内17市町

【AD】

生命保険協会は13日、台風19号で12日までに災害救助法が適用された日立や土浦など県内17市町で被災した契約者に対し、保険料払込期間を最長6カ月延長する特別取り扱いを行うと発表した。保険金、給付金、契約者貸付金についても必要書類を一部省略する。今後、災害救助法の適用地域が拡大した場合も同様の措置を取るとしている。



次の記事:新型コロナ、茨城で感染200人突破 新たに3人、目立つ東京圏滞在

全国・世界のニュース

2020 年
 7 月 15 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス