2019年10月16日(水)

台風19号 那珂川浸水 最大7.2メートル 国土地理院推計 水戸北インター南側

【AD】

国土地理院は15日までに、台風19号の大雨による河川流域の浸水について、那珂川では、水戸市の常磐自動車道水戸北スマートインターチェンジ南側で、深さが最大約7・2メートルに達したとの推計を明らかにした。阿武隈川では、福島県国見町川内付近で最大約5・2メートル。6河川について、浸水範囲や深さを色付けした地図を地理院ホームページで公開している。

地理院によると、最大の深さは、吉田川が宮城県大郷町の大郷大橋北側で約4・5メートル、久慈川が常陸太田市松栄町付近で約4メートル、都幾川が埼玉県坂戸市紺屋付近で約3メートル。宮城県丸森町では、阿武隈川沿いの広範囲で浸水が確認できる。

既に公表している千曲川では、長野市にあるJR東日本の「長野新幹線車両センター」付近の約4・3メートルが最大だった。

地理院は、航空機から撮影した写真やツイッターに投稿された位置情報が分かる写真、標高データなどを基に解析した。担当者は「救助や復旧作業に役立ててほしい」としている。河川の上空から撮影した写真や千曲川の決壊地点付近をドローンで撮影した映像もホームページで公開している。



次の記事:「つらいんです」 30年隠した障害

全国・世界のニュース

2020 年
 1 月 22 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス