2019年10月16日(水)

台風19号 追われる泥処理 神栖

浸水した道路に残された泥を片付ける住民ら=15日午前9時10分ごろ、神栖市波崎
浸水した道路に残された泥を片付ける住民ら=15日午前9時10分ごろ、神栖市波崎

漁港など利根川下流沿いの地域で住宅などが冠水した神栖市では、15日朝までに水が引き、住民らがごみや泥の片付けに追われた。

市によると、13日午後、堤防のない場所で水があふれ出し、15日午前9時までに計60棟で床上、床下浸水が確認された。13日夕方に出された避難勧告は、14日午前に解除された。

利根川河口に近い同市波崎の波崎漁港周辺では、最大で約80センチの高さまで水が漬かった。水が引いた15日朝には、同市と千葉県銚子市を結ぶ銚子大橋のたもとにある第2魚市場や水産加工業者の倉庫で、泥のかき出し作業が行われた。

はさき漁協によると、市場の操業再開は未定。同漁協職員の長塚俊貴さん(20)は「普段の業務はしばらくできそうにない。掃除は今週いっぱいかかりそう」と説明した。

本郷地区で自宅や車庫が浸水した自営業、海宝(かいほう)秋男さん(45)は「20年近く住むが、こんな被害は初めて。ほかの被害状況を見ると、命があっただけでも良かった」と話した。(関口沙弥加、松浦かえで)

浸水した道路に残された泥を片付ける住民=15日午前、神栖市波崎
浸水した道路に残された泥を片付ける住民=15日午前、神栖市波崎


次の記事:熱中症か、取手の女性死亡

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 15 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス