2019年10月16日(水)

台風19号 飯富に現地対策本部 水戸市

【AD】

水戸市は15日、同市飯富町の旧飯富幼稚園に現地対策本部を設置した。被災者に消石灰や消毒液の無料配布を行うほか、生活支援に向けた要望の聞き取り、ごみ処理方法などの情報発信なども手掛けていく。

市は同日から、浸水による雑菌の繁殖などを抑制するため、消石灰と消毒液の無料配布を始めた。ただ、消石灰は「全国的に需要が高まり品薄状態」(同本部)といい、初日から配布できない状況だ。調達でき次第、防災無線などを通して配布再開を伝える。

また同本部は市社会福祉協議会による災害支援ボランティアの受け付けにも応じている。



次の記事:列車にはねられ14歳女子中学生死亡 常磐線高浜駅構内

最近の記事

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 10 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス