2019年10月16日(水)

JAグループ茨城、台風19号被害農家に融資制度

【AD】

台風19号による農業被害を受け、JAグループ茨城は15日、被害農家に対する二つの融資制度を創設すると発表した。「系統農業災害資金」は農作物や農業施設に被害を受けたJA正組合員が対象。貸付利率は0・5%。限度額は500万円で期間は5年以内。「生活災害資金」は自宅の屋根瓦が割れるなどした准組合員を含む組合員を対象とし、貸付利率は1・00%、限度額500万円以内で期間は10年以内。申し込みはいずれも県内各JAで来年1月31日まで受け付ける。



次の記事:熱中症か、取手の女性死亡

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 15 日 (土)

メニュー
投稿・読者参加
サービス