2019年10月19日(土)

台風19号 常陸大宮 西塩子の回り舞台 風雨耐え20日公演

修復進み一安心 被災者へ思い込め

台風の風雨で屋根の大部分のこもが吹き飛んで傷んだ西塩子の回り舞台=18日午前、常陸大宮市塩子地域
台風の風雨で屋根の大部分のこもが吹き飛んで傷んだ西塩子の回り舞台=18日午前、常陸大宮市塩子地域

台風19号の猛烈な風雨に耐え、常陸大宮市の塩子地域に建てられた県の有形民俗文化財「西塩子の回り舞台」は残った。昔ながらの屋根のこもは、ほとんどが飛ばされ、覆ったビニールも中央部がなくなるなど傷んだが、基礎材に影響はなかった。その後の修復作業も進み、18日には舞台のほとんどが完成。20日の3年ぶりの公演で披露する歌舞伎の稽古は、最後の仕上げに入った。大貫孝夫保存会長は「市内に被災者がいるので、静かに公演したい」と思いやるが、これまで以上に気持ちが入った出し物になりそうだ。

「舞台があって一安心した」。台風明けの13日朝、大宮公民館塩田分館グラウンドに集まってきた住民たちは、同じ思いだった。目の前には、2カ月近くかけて、みんなで組み上げた間口と奥行き各20メートル、アーチ形の屋根の高さ7メートルの壮麗な舞台が構えていた。

西塩子の回り舞台は、江戸時代後期の「文政三年」(1820年)と記された大幕が残り、日本最古とされる組み立て式農村歌舞伎舞台。舞台の上に回り舞台が載り、花道もある。柱などに使用する材木約200本、屋根や周囲に使用する青竹約300本で、ひもで縛るなどして組み立てる。

地域の全世帯が保存会員となり、舞台を組み立てては、自ら役者となって歌舞伎などを公演。公演後に壊して、3年後にまた組み立てる。1945年を最後に途絶えていたが、97年に復活。毎回、約4千人を集める地域の文化財であり、芸能だ。

強風に飛ばされないように、舞台に支柱を立ててワイヤーで固定。傷ついても無事だった舞台に、大貫会長は「南風ならまともに舞台の中に吹き込んで、危なかった。やや東からだったので助かった」とほっとした。地域に大きな被害はなかったため、住民らは舞台の修復作業を進めた。

アーチ形屋根の先「カガミ」や舞台にちょうちんを飾り、照明も設置して、舞台は整った。周囲には約70本の色鮮やかな歌舞伎のぼり旗を立て、歌舞伎公演ムードも高まってきた。

屋根の雨よけのビニールは、観客席の中央部が破れたため、雨の予報だった19日の公演を一日延ばした。演目は地元の子どもたちによる歌舞伎の名場面「白波五人男・稲瀬川勢揃いの場」、保存会員で構成する西若座の「太功記十段目」のほか、津軽三味線や舞踏劇なども披露される。

台風により、常陸大宮市は大きな被害を受けた。被災者を思い、声高にアピールはしないが、「来場者には精いっぱいのものを見せたい」。大貫会長は、台風に耐えた舞台に負けない公演にするつもりだ。(蛭田稔)



次の記事:5日 10人感染 警察署員や「夜の街」関係

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 6 日 (木)

メニュー
投稿・読者参加
サービス