2019年10月23日(水)

《支え合う・台風19号水害》潮来・牛堀小 水戸市に学用品寄贈へ 全校児童に呼び掛け

児童らから贈られる学用品=潮来市立牛堀小
児童らから贈られる学用品=潮来市立牛堀小

潮来市立牛堀小(大崎一寿校長)は、台風19号による水害で学用品が不足しているとして、県水戸生涯学習センターへ文房具などの寄贈を行う。

同小によると、17日に全校児童に向けて家庭の未使用文房具などを持ち寄るよう呼び掛け、これまでに多数のノートやえんぴつ、のり、バッグなどが集まった。寄贈は24日まで受け付け、同日に同センターへ贈る予定という。

えんぴつを寄贈した安田椋羅(くらら)さん(11)は、「学校が通えなくなって大変だと思うけど、この道具を使って頑張ってほしい」と呼び掛け、ノートなどを贈った坂本玖利生君(11)は、「少しでも早く普段通りの生活に戻ってくれたら」と願っていた。(石川孝明)



次の記事:列車にはねられ14歳女子中学生死亡 常磐線高浜駅構内

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 9 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス