2019年10月25日(金)

公明の県議が要望書 安心・安全の確保を 台風19号で知事に

【AD】

台風19号による被害で、県議会公明党議員会(高崎進代表)は24日、大井川和彦知事に対し、一日も早い被災者の安心と安全の確保などを求める要望書を提出した。

要望書では、復旧・復興に必要な補正予算の早急な提案▽国と一体となった抜本的な河川改修の推進▽タイムラインの策定と避難勧告の発出のあり方の検討▽県独自の生活再建支援制度の策定▽農地の復旧など農林水産被害対策▽JR水郡線の早期復旧▽観光地と中小企業の再建支援-など21項目を挙げている。



次の記事:事故偽装、保険金詐取疑い 3件1500万円 

最近の記事

全国・世界のニュース

2020 年
 1 月 20 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス