2019年10月26日(土)

台風19号で派遣、石川県警の4人帰任 茨城県被災地パト巡回

本県での活動を終了し、桜井敏朗地域部長(右)に帰任を申告する石川県警の警察官=県警本部
本県での活動を終了し、桜井敏朗地域部長(右)に帰任を申告する石川県警の警察官=県警本部

台風19号の被災地でパトロールを実施するため、石川県警から本県に派遣されていた警察官4人が活動を終え、水戸市笠原町の県警本部で25日、帰任することを桜井敏朗地域部長に申告した。

4人は17日から活動を開始し約1週間、甚大な浸水被害を受けた水戸市飯富地区や常陸大宮市内を石川県警のパトカーで巡回し、避難で不在となっている家に空き巣が入っていないかの確認など、被災地の防犯活動に尽力した。

同県警地域課の加藤圭警部補(44)は「実際に被災されている方々の姿を見ると非常に心苦しかったが、遠い所からありがとうなどの声を掛けてくださった時は本当にうれしかった」と本県での活動を振り返った。

桜井部長は「被災した方々にとって非常に心強かったと思う。本当にありがとう」と感謝の気持ちを述べた。



次の記事:事故偽装、保険金詐取疑い 3件1500万円 

最近の記事

全国・世界のニュース

2020 年
 1 月 20 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス