2019年10月27日(日)

枝野代表が飯富地区視察 台風被害の深刻さ認識 水戸

住民から被害の状況を聞く枝野幸男代表(右)=水戸市岩根町
住民から被害の状況を聞く枝野幸男代表(右)=水戸市岩根町

立憲民主党の枝野幸男代表は26日、台風19号で広範囲に浸水した水戸市岩根町などの飯富地区を視察した。「コミュニティー全体が大きな打撃を受けているのを目の当たりにした」と被害の深刻さを認識し、早期復旧に向けて政府に実情を届けることを約束した。

那珂川と支流の藤井川、西田川に挟まれた岩根町は広い範囲で水没し、家屋や農地などに大きな被害が出た。同地区では、いまだ89人が避難所生活を送る。枝野代表は泥が流れ込んだり、水で基礎がえぐられたりした家々を回り、地元区長など住民から被災時の話を丁寧に聞いた。

現地対策本部のある飯富市民センターも訪れ、高橋靖市長と面談。農業被害への支援や河川改修事業の促進などを訴える緊急要望書を受け取った。

枝野代表は「見落とされてしまう声を代わりに受け止め(国の対応に)つなげていくのが野党の役割。政府が直接把握できていない実情を届けていく」と力強く話した。

視察後はひたちなか市入りし、街頭演説会を実施。同市議選(27日投開票)の候補を応援した。(今井俊太郎)



次の記事:「つらいんです」 30年隠した障害

全国・世界のニュース

2020 年
 1 月 26 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス