2019年10月28日(月)

J2水戸痛恨 逆転負け 徳島に1-2 8位転落

【AD】

明治安田J2第38節(27日・鳴門ポカリスエットスタジアムほか=11試合)水戸は徳島に1-2で逆転負けした。通算成績16勝13分け9敗、勝ち点61。順位を暫定8位に下げた。

水戸は前半22分、CKの守備からカウンター攻撃で福満が先制ゴールを挙げた。しかし、後半は守勢に回り、18分に同点に追い付かれると、44分に逆転弾を浴びた。

■水戸・長谷部監督 チャンス生かせず

善戦したと思う。(1-1に追い付かれた時)どちらかが点数が入るかもしれないという状況だった。(得点の)チャンスはあったが入れることができず、逆にピンチを招いてしまった。

■水戸・平塚

(リーグ戦初先発)自分の中では余裕がなかった。水戸がボールを持てる時間が少なかった。自分個人でそういう時間をつくれるようにしたい。

▽ポカリ(観衆6,029人)
徳島 18勝10敗10分け(64) 2-1 水戸 16勝9敗13分け(61)
0-1
2-0

▽得点経過 徳 水
前22分
【水】 0-1 福満
後18分
【徳】 1-1 河田
後44分
【徳】 2-1 野村



次の記事:晴天、映えるコスモス 潮来

全国・世界のニュース

2020 年
 10 月 26 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス