2019年10月30日(水)

台風19号 水郡線、西金-常陸大子駅間 代行バス上下25本

【AD】

JR東日本水戸支社は台風19号の影響で運休している水郡線の常陸大宮-安積永盛駅間のうち、西金-常陸大子駅間を除く区間が11月1日から運転再開するのに伴い、同区間で代行バスを上り13便、下り12便の計25便運行する。常陸大子駅以南の区間は一部を除いて列車と接続し、10分程度の乗り換え時間を確保した。

乗車駅は西金、上小川、袋田、常陸大子の4駅。袋田駅の乗降場所は、同駅から約850メートル離れた国道118号線沿いの茨城交通「割山バス停」(大子町袋田)となる。運転は茨城交通に委託した。

上りの常陸大子駅発は午前5時14分から午後7時58分まで。下りの西金駅発は午前7時40分から午後10時27分発まで。両駅間の所要時間は約30分を見込む。

料金は列車の運賃と同額で、乗車には定期券や乗車券が必要になる。

一般路線バスタイプの車両を使う。定員はバスによって45〜55人程度。混み合うと乗車できない場合があるほか、道路状況により列車に乗り継ぎできないこともあるとしている。



次の記事:「つらいんです」 30年隠した障害

全国・世界のニュース

2020 年
 1 月 22 日 (水)

メニュー
投稿・読者参加
サービス