2019年11月1日(金)

台風19号 中小企業の再建支援を 水戸市長、梶山経産相に要望書

梶山弘志経産相に要望書を手渡す高橋靖水戸市長(左から3人目)ら=経済産業省
梶山弘志経産相に要望書を手渡す高橋靖水戸市長(左から3人目)ら=経済産業省

水戸市の高橋靖市長は31日、経済産業省に梶山弘志経産相を訪ね、台風19号で被害を受けた中小企業の事業再開に向けた財政支援を求める緊急要望書を手渡した。

県のまとめによると、28日正午現在、同市の被害件数は59件で、推計被害額は約19億1900万に上る。高橋市長は、被災した中小企業の施設復旧を支援するグループ補助金制度の適用を要請した上で、「生活に根差した店舗がなくなれば過疎化が進む。事業者の継続したいという意欲を実現できるような支援策をお願いしたい」と訴えた。

梶山経産相は、週明け早い時期に政府全体の政策パッケージが示される見通しとし、中小企業支援について「商店街の再生やなりわいの継続、得意先との関係を続けられるよう応援したい」と強調した。

高橋市長は武田良太防災担当相とも面会し、被災者の生活再建支援などを要望した。(高岡健作)



次の記事:列車にはねられ14歳女子中学生死亡 常磐線高浜駅構内

全国・世界のニュース

2020 年
 8 月 9 日 (日)

メニュー
投稿・読者参加
サービス