2019年11月7日(木)

椅子レース“熱走” 大洗

事務用椅子でコースを周回する出場者=大洗町磯浜町
事務用椅子でコースを周回する出場者=大洗町磯浜町

事務用椅子を使った2時間耐久レース「いす-1GP(グランプリ)県大洗大会」(曲松活性化委員会主催)が2日、大洗町磯浜町の曲がり松商店街特設会場で開かれた。県内外の29チームが参加し、沿道から声援を受けながら、白熱した戦いを繰り広げた。

昨年は町内でエキシビジョン大会を開いており、今年は同商店街で本大会を初開催した。レースは3人一組で出場し、キャスターが付いた事務用椅子を利用。事前にスタート位置を決める予選(30メートルのタイムトライアル)を経て、本戦では商店街200メートルのコースを周回し、3人で交代しながら2時間の周回数を競った。

沿道には地元の人などが集まり、走り抜ける選手たちに声援を送っていた。123周して優勝した「茨城の熱いヤツ」チームのメンバーで、取手市の会社員、成嶋伸明さん(35)は「昨年は準優勝だったので、今回優勝できてうれしい。楽しかった」と笑顔を見せた。 (磯前有花)



次の記事:大洗サツマイモ盗 防犯カメラにトラック

全国・世界のニュース

2019 年
 12 月 16 日 (月)

メニュー
投稿・読者参加
サービス